美容コラム

お花見で肌荒れ?注意すべきこととは

お花見で肌荒れ?注意すべきこととは

お花見で肌荒れ?注意すべきこととは 冬の寒さが和らぎ、ようやく春らしくなってきましたね。
来週あたりから関東では桜の開花が予想されています。
すでにお花見の予定を立てている人も多いのではないでしょうか。

ここで気を付けなければならないのが、
「日焼け」です。

春のおだやかな陽射しに似つかわしくない程、この時期すでに大量の紫外線が降り注いでいます。
日差しが強いほど紫外線も強いのだろうと考えてしまいがちですが、紫外線そのものは目に見えるわけではなく、 季節によってその量は異なりますが、曇りでも雨の日でも1年中紫外線は降り注いでいます。

そして、肌老化の80%が紫外線による光老化が原因です。
またニキビ・ニキビ跡の悪化・毛穴の黒ずみにもつながります。
必ず日焼け止め・UV効果のある化粧下地を使いましょう。
長時間屋外に滞在する場合はこまめに塗り直すか、
スプレータイプで顔に直接噴射できるタイプのものが便利です。

キャップをかぶるなどUV対策をして、紫外線をシャットアウトするのも一つの手段ですね。

また、日中は暖かいですが、夜は冷え込むことが多いこの時期。
実は肌が敏感になりやすいのはもちろん体調も崩しやすい時期で、
某アンケート調査では「お花見で風邪を引いた人」が5人に1人以上とのことです。

最近は春コートなど薄手のものを着ている人も多く見かけるようになりましたが、東京の最低気温予想は4月上旬でもたいていが10度以下です。
長時間花見をする予定であれば防寒対策にひざ掛けや、さっと羽織れるものを用意して楽しみましょう。

日中屋外で過ごした肌は疲れて乾燥しているので、帰宅したらしっかりスキンケアを行ってください。
ビタミンC誘導体はメラニン(シミ・くすみのもと。紫外線を浴びて発生する)の生成を抑制し、さらに肌のターンオーバーと一緒にメラニン排出を促してくれます。
またメラニンを分解して、メラニンではないものに還元する効果も!
ビタミンC誘導体の濃度が高いC-マックスローションやC-フレッシュホワイトマスクがピッタリです。

楽しかったお花見でも、後日肌トラブルが!体調が!となっては残念ですよね。
万全な準備をして、お花見を楽しみましょう♪

繰り返すニキビは「さわりグセ」のせい?

繰り返すニキビは「さわりグセ」のせい?

繰り返すニキビは「さわりグセ」のせい? 繰り返すニキビ、 もしかしたら「さわりグセ」が原因かもしれません。
机に向かっている際、頬づえをついていませんか?
鼻のテカリを気にしてペタペタ触ったり、出っ張った毛穴の角栓を爪で引っ掻いてはいませんか?
実は繰り返しできるニキビの原因は、普段何気なくしている、「さわりグセ」にあるかもしれません。
私も日常を振り返ってみると、思いあたる節があります。
「手」は日常さまざまなものに触るため、菌がとても多い部分。
特別汚いものには触ってないから大丈夫と思った方…
実は日常よく触るものにも菌は存在しています。
例えばスマホやパソコンのキーボード。スマホの画面は、一説にトイレの便座よりも不衛生だと言われています。

菌が付いたまま手で顔(ニキビ)を触ると、雑菌が顔に付き繁殖して治るまでに余計時間がかかる上に、跡が残りやすくもなるそうです。
さらに新たな「ニキビ」や「炎症」といった症状を引き起こしてしまう危険性が高くなります。
特に小鼻の横にできるニキビの原因は“触りすぎ”が最も多いそうです。
まさに百害あって一利なし!

スキンケアをバッチリ行っていても、これでは自分でニキビの原因を作ってしまっているようなものです。
この記事を読んで、そういえば...と、思い当たった方。気づけた事は大きな1歩です。
気持ちは分かりますが意識してぐっと堪え、美肌のために悪いクセを治す習慣を身につけていきましょう。

「チョコレートを食べるとニキビができる」というのは本当?

「チョコレートを食べるとニキビができる」というのは本当?

「チョコレートを食べるとニキビができる」というのは本当? 誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
バレンタインも近づいてきて、そろそろデパートやコンビニでもおいしそうなチョコがたくさん並び始めるころですよね。
特設コーナーにはこの時期しか売ってないブランドチョコもあったりするので、わたしもここ毎年、自分用に買ってしまいます。

「チョコレートを食べるとニキビができる」というのは、私も事実なんだろうと思っていましたが、
実はチョコとできてしまったニキビとの因果関係はないそうです。
これはアメリカの食品や医薬品、化粧品などの安全性を厳格に審査している政府機関が、論文で発表しています。
また日本のチョコレート協会などもチョコとニキビの悪化は関係がないと発表しています。


肌荒れの原因は、『脂質』「糖質』『食品添加物』の3つの成分が原因です。

チョコレートに限らず、この3つの成分が含まれている食品を「過剰摂取」することで、
皮脂の過剰分泌が起こりやすくなり、肌のバランスが崩れ、ニキビなどの肌荒れの原因になるといわれています。

もう少し具体的に言うと甘いお菓子(糖質)、ファストフードなど脂っぽいもの(動物性脂肪)、アルコールなどは、
体内で皮脂の元となる「中性脂肪」に変わるため、摂りすぎは皮脂の過剰分泌に繋がります。

ですのでそれらを食べ過ぎないこと、「バランス」を重視して別のものも食べることが重要です。

それでも、肌に悪いとは分かってはいても、チョコもケーキもフライドポテトもカップ麺もおいしいし、
大人の付き合いでアルコールを飲まなきゃいけないって人も中にはいますよね。
あまり我慢しすぎてもストレスがたまりそうです。

ついたくさん食べてしまって後悔した時は『ビタミンB2、B6』が多い食品を食べましょう。
ビタミンB群は、食事でとった糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変えるサポートの働きがあります!

例えば、
納豆・乳製品(ヨーグルト、チーズなど)
牛レバー・豚肉・魚(マグロ、カツオ、サケ、サバなど青魚)など。
皮脂の酸化を抑える為に緑黄色野菜などに含まれる『ビタミンC』の摂取も心がけると、さらに効果的です。

サプリメントで補うのもいいですね。

さらに過剰な皮脂を抑え、皮脂の酸化予防作用があるビタミンC誘導体化粧品でしっかりスキンケアしておきましょう。
C-マックスローションには高濃度6%配合されているので、おススメですよ!

チョコレートの食べ過ぎには注意ですが、外と内側からビタミンをしっかり摂取して、楽しいバレンタインを過ごしましょう。

メイク道具のケア、していますか?

メイク道具のケア、していますか?

メイク道具のケア、していますか? 毎日使っているブラシ類やスポンジなどのメイク道具、最近いつ掃除をしましたか?
付属のものをケースに入れたままずっと使い続けていませんか?

たとえばメイク後のパフ・スポンジの表面には、コスメ成分だけではなく皮脂や汗、老廃物などがついています。出来れば“毎日洗う”のがいいそうです。
両面使うとしたら、2日に1回ですが、それでも結構な頻度で面倒と感じる人も少なくないと思います。

でも考えてみてください、化粧用のスポンジパフは皮膚に直接接触させて使用するので、
皮膚上のさまざまな微生物が汗や皮脂とともに化粧用パフに移行し、皮脂等を栄養源として増殖して不衛生な状態になります。

また、ニキビが出来ている肌に使用した場合、当然パフにもニキビの原因菌が付着します。
ニキビの原因菌がついたパフをまた次の日使うと考えると…

自分でニキビの原因を作っているようなものですよね。

いくら自分の目的に沿ったスキンケアを行っていてもお肌が改善されないという場合は、
メイク道具をキレイに保っていないことなど、別の原因があるかもしれません。

洗うのが面倒だという人は、安くてたくさん入っている100円均一などのパフを使い捨てするのも一つの方法です。
これを機に、お肌のためにも、スポンジをキレイに保ちたいものですね。

ビタミンC誘導体のお肌への効果について

ビタミンC誘導体のお肌への効果について

ビタミンC誘導体のお肌への効果について

ビタミンCがなんとなくお肌にいいっていうのは知ってるけど、
結局なにがいいの?っていう方も多いと思います。

そこで今日は初心に帰って、ビタミンCの美容効果についてご説明します。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの安定性と皮膚浸透性を飛躍的に向上させたもの。
・シミやくすみに対する美白効果
・シワや顔のたるみ、たるみ毛穴のケアとしてのコラーゲンを増やす効果
・毛穴の開きや黒ずみのケアとして皮脂分泌・皮脂の酸化を抑制する効果
・ニキビ、大人ニキビやニキビ跡・赤みのケアとして、炎症を抑える効果と色素沈着を還元する効果
・抗酸化作用やターンオーバーを整える効果
・皮脂分泌を抑制する効果があるので、オイリー肌(脂性肌)を改善する効果
ビタミンC誘導体は、こうしたさまざまな肌悩みや肌老化の対策として配合されます。

こうして挙げてみるとビタミンCは万能、美容・美肌美白にはビタミンと言われる理由がわかりますね!

化粧水は「手でつける?」と「コットンでつける?」

化粧水は「手でつける?」と「コットンでつける?」

貴方はどちら派でしょうか?
私は基本的には手でつける派です。

手でスキンケアしてもコットンでスキンケアしても問題ありませんが、 今回は「手でつけるメリット」と「コットンでつけるメリット」をご紹介します。

■「手で付けるメリット」
・肌の状態を確かめながら使える。
・コットンより肌に刺激を与えるリスクが少ない。
・経済的(コットン代がかからない)

肌に刺激を与えるリスクが少ないので、かぶれやすい人や、 エイジングケア重視の方は手で手の方がいいと思います。
また、手で暖まることで化粧水の浸透が良くなります。


■手でつけるコツ■
・少量づつ手にとり2回から5回程度繰り返しつける。
鼻や目元など、細かいパーツは特に丁寧に。
・手のひらで包み込むように顔全体に化粧水を伸ばす。
・手のひらが肌にぴたっと密着するような感じが出るのが目安。

スキンケア前は、手は洗って清潔におこないましょう。


■「コットンでつけるメリット」
・清潔に使える。
・均一に化粧水をなじませられる。
・コットンパックとして使える

ネイルをしていて爪が長い方などは、手でつけると鼻など細かいところが ムラになりやすいので、コットンの方がいいと思います。
また、ふき取り化粧水や、イオン導入などを行う場合はコットンをご使用ください。


■コットンでつけるコツ■
・コットンにまんべんなく化粧水を染み込ませる。(裏側が濡れるくらいが目安)
・「こすらず」「やさしく」肌に置くように顔の中心から外側に向かって塗布。
・化粧水を足して繰り返しつける。
・時間に余裕のある時や週に2回程度コットンパックする。
・最後に両手で顔全体を包み、10~15秒ほどハンドプレス
・手のひらが肌にぴたっと密着するような感じが出るのが目安。

コットン全体にしたたるほど含ませる必要はないそうですが、
ムラがある状態で塗布・パッティングすると肌に負担をかけますので注意してください。

いかがでしたしょうか。
手でつけるのも、コットンでつけるもの、どちらにもそれぞれメリットがありました。
スキンケアは毎日行うものですから、ご自身の継続しやすい方法で ご使用いただくのが一番だと思います。

夏の強い紫外線によって肌に蓄積されたダメージをため込まないために、また本格的な乾燥シーズンがやってくる前に、特にこの時期はいつもより丁寧なスキンケアを心がけましょう!

今あるニキビの原因、その「汗」にある可能性があります。

今あるニキビの原因、その「汗」にある可能性があります。

今あるニキビの原因、その「汗」にある可能性があります。
もともと汗をかくことは、体の自律神経を整える役割や
身体の体温を一定に保つ役割を担っているので、
人の身体にとってとても大切な機能です。

重要なのは「汗をかいた後のケア」。
顔に汗をかいたまま放置していると、
そのうち汗が蒸発し、同時に肌のうるおいまで奪われてしまいます。

この乾燥を防ぐために、肌は皮脂の分泌を活発化、過剰に分泌させ、
結果お肌のべたつき、ニキビやあせもなどの肌荒れの原因になります。

では、汗をかいた後の対策をご紹介しましょう!

1. こまめに&やさしく汗を拭き取る
汗をかいたら早めに洗い流すか、濡らしたタオルで優しくおさえるように拭き取りましょう。
ウェットティッシュや汗拭きシートは、顔に使用できるものもありますがアルコールや
パウダーが含まれている場合があるので、
様子を見て使用し、目の周りには使わないようにしましょう。
特に敏感肌の方は低刺激や赤ちゃんの肌でも使用できるものなど、製品を選ぶことが大切です。

2. 保湿をする
家に帰ったあとは洗顔して化粧水・美容液・乳液・クリーム等で保湿をしてください。
私は最近顔だけでなく、足なども乾燥が気になるので、保湿するようにしています。

まだまだ暑い日が続きますが、こまめに汗のケアをして、肌トラブル予防をしましょう。

インナードライ肌になりやすい季節

インナードライ肌になりやすい季節

梅雨はインナードライ肌になりやすい時期といわれています。

インナードライ(別名:乾燥性脂性肌 )とは、
肌の内側は乾燥しているのに肌の外側は皮脂でベタついてしまってる肌の状態を指します。

一見したところオイリー肌のようにも見えるため自覚症状がない人も多く、
日本人女性・男性問わず、この肌質の人が実はとても多いそうです。(女性の場合は全体の約8割)

内側は乾燥しているため、外の刺激から皮膚を守ろうと皮脂を過剰に分泌するので、表面はテカテカ。 皮脂が浮いてるからと洗顔を入念にしても、効果がなかったり
ニキビができてしまったりしたことはありませんか?
それが典型的なインナードライ肌です。

上記のようにオイリー肌と勘違いして間違ったケアを行なってしまい、 改善されにくい傾向にあります。

インナードライの本当の原因はお肌の乾燥なので、
インナードライ肌を改善するスキンケアのコツは、
きちんと保湿してあげる事。

Cマックスローションは過剰な皮脂を抑え、
毛穴の引き締まったキメ細かい肌へ導く高機能化粧水です。
肌が本来持っているバリア機能や代謝も整え、
ハリのあるワンランク上のふっくらなめらか肌へ導きます。

その後美容液や、保湿クリーム、乳液などで蓋をしてあげます。
乾燥しがちな目元や口元は特にていねいになじませましょう。

ターンオーバーが滞り角質肥厚で肌が硬くなると、
せっかく化粧水や美容液などで お手入れしても、
潤いが浸透しにくい状態になります。

保湿ケアを入念に行っても潤い不足を感じる時はスペシャルケアとしてピーリングを取り入れるのも有効な方法です。
薬用アシィドローションEXはケミカルピーリングでも使用されている成分を独自配合、
コットンにつけてふきとることで、毛穴の古い角質や角栓の詰まりをすっきり落とし、
その後の化粧水の浸透を良くしてくれますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

効果的なお手入れを行い、梅雨を乗り切りましょう。

美肌の大敵「紫外線」も、浴びなさすぎると問題アリ?

美肌の大敵「紫外線」も、浴びなさすぎると問題アリ?

皆さん。紫外線は肌に悪いっていうのはご存知ですよね。
この時期色んな会社の日焼け止めがドラッグストアに並んでいます。

紫外線は、肌の老化(シミ・シワ・たるみ)を早めたり、 肌の奥に存在するコラーゲンやヒアルロン酸を作る細胞を傷つけてしまいます。

またニキビの進行、ニキビ跡の発症、ニキビ跡が肌に色素沈着、クレーターなど、痛々しく目立った状態で肌に炎症を起こします。

キャシーズチョイスの6月以降商品に同梱予定の会報誌夏号でも紫外線は美肌の大敵と特集しております。

しかし実は紫外線を浴びなさすぎるのも問題があるんです。

紫外線が美容の大敵であるのにはうそ偽りないのですが、実は紫外線を浴びなすぎると、
骨を形成するのに必要なビタミンDが生成されず、骨が弱くなる骨粗鬆症になりやすくなるそうなんです。

また、高血圧や歯周病、ガンや自己免疫疾患などにビタミンD不足がかかわっている可能性も指摘されています。

じゃあどうすればいいのよ?!
と思った方、いますよね。

そこでおすすめなのが「手のひら」だけ日光浴・紫外線を浴びるようにすることです。

手のひらなら、手の甲やお顔と違ってシミやしわが目立つようなこともありません。
また、体の他の部分に比べ、日焼けの原因となるメラニン色素が少ないそうです。

手のひらに直射日光が当たる体勢で、夏場なら15分以上、冬場なら30分以上日光浴するのがいいとの事。

朝時間があるならベランダや窓際でテレビ見ながらでもいいと思いますし、 私は出勤時を利用してます!
ただ、日傘を差して歩きながらだと、ちょっと不思議なポーズに見える気がして、気になりますが(^-^;

手のひら以外の日焼け対策はしっかりしましょうね!

この方法で美肌も健康もまとめて手に入れちゃいましょう!

「ビタミンC誘導体」は日中使わない方がいい?

「ビタミンC誘導体」は日中使わない方がいい?

「ビタミンC誘導体」は日中、
紫外線に当たると酸化するので 良くないのでは?
というお問合せをまれにいただく事がありますので、
今回はそれについてお話します。

私も入社前は勘違いをしていた一人ですが、
「ビタミンC(ピュアビタミン)」と「ビタミンC誘導体」は異なる成分です。

ビタミンC(ピュアビタミン)はとても酸化しやすい成分。
肌にのせたまま日光に当たると、
細胞の酸化を促してシミの原因になるともいわれています。

また、ビタミンC豊富なレモンやグレープフルーツなど、朝ではなく夜に食べた方がいい…
など聞いたことはありませんか?
それら食物にはビタミンCも豊富ですが「ソラレン」という成分も含まれています。
その「ソラレン」には、紫外線を吸収する作用があり、そのためビタミンC誘導体コスメも同様に、
紫外線を吸収してしまうのではないか?
という勘違いが生まれるのです。

ビタミンC誘導体は、肌に浸透してからビタミンCに変化し効果を発揮するので、
日光の影響をほとんど受けません、ご安心ください。

しかし、だからといって、
日焼け止めを塗らずに日中過ごすのは、おススメできません。
特にこれからの季節、5・6月は真夏と変わらないほどの紫外線が降り注ぎます。
肌を老化させる最大の原因が、紫外線などで発生する活性酸素です。

シミ・しわ・たるみ・ニキビなど、
女性が気にする肌トラブルの殆どを引き起こしてしまう原因になりえる紫外線。
日中外出する際は、UV効果のあるものを使用し、日焼け対策を万全にしましょう。

※一つ補足をしますと、
当社商品「Cマックスローション」の場合は
ターンオーバーを促進し、シミ予防などの効果が期待できる「レチノール」という美容成分が
紫外線に当たると徐々効果がなくなってしまうと言われています。

なので商品ページにも記載しておりますが、日中使用の際には日焼け止めと一緒に使うか、
夜だけの使用でも十分な効果が期待できますよ。