美容コラム

2017/11/21 大人ニキビができるワケ

2017/10/25 乾燥は肌トラブルのもと

ピーリングについて

ピーリングとは、目的をもって皮膚組織を取り除く行為です。
ピーリングには、ダイヤモンドピール(ダイヤモンドの粉を肌に吹き付けて表面を滑らかにする)のような物理的なものと、AHAなどのフルーツ酸やBHAなどを使用する化学的なものの2種類があります。
白人の肌は、日本人と異なり、真皮が厚い為、シワやたるみ対策に真皮までピーリングをしていますが、真皮の薄い日本人の肌には、向かない方法です。
日本人の肌でも毛穴ケアとして適切なピーリングを行うことで、繊維芽細胞が活性化し、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが増加します。
肌の新陳代謝が促進され、真皮層の厚みが増し、毛穴詰まりのない健やかな肌状態に導きます。

ピーリングをする理由

乾燥肌やシワ、たるみが深刻な方ほどピーリングケアが不可欠なのです。
なぜなら肌の乾燥がひどくなると角質肥厚に陥るからです。
肌表面の角質は、いちばん上まで押し上げられ、プロテアーゼという酵素の働きにより角質同士の結合を解かれ、すんなり剥がれ落ちていきます。
けれども角質層が乾燥していると、このプロテアーゼ酵素が働けず、角質同士はいつまでも結合したまま、古い角質が厚くたまってしまうのです。
そして、角質肥厚した肌はますます乾燥するという悪循環、毛穴は詰まり、くすみや老化も加速してしまいます。
しっとりうるおってスベスベの美肌になる為には、絶妙な酸の配合バランスでのピーリングケア、毛穴ケアが欠かせないのです。